ワラント用語集

ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

ワラント・プレミアムとは満期日まで保有した場合に損益がゼロとなるために対象原資産の価格がどれだけ予想した方向に動く必要があるかを対象原資産の価格に対する割合を%で示した指標です。

長期保有の場合の判断材料として非常に役立ちます。

例えば、コール型ワラントを購入して満期日時点の受取りで利益を得るには、対象原資産の価格が購入時のプレミアム分以上上昇する必要があります。

そのため、ワラント・プレミアムが小さいほど満期日まで保有した際のリスクは少ないといえます。

オプション価格のことをプレミアム(オプション・プレミアム)と呼ぶ場合がありますが、ここでいうプレミアム(ワラント・プレミアム)とは異なりますので、ご注意ください。

ワラント・プレミアムの傾向としては、権利行使価格が高ければ高いほどワラント・プレミアムも高いです。

権利行使価格が同じの場合は満期日が遠い、すなわち時間的価値が大きいほどワラント・プレミアムは高いです。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ewarranta at 09:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!
ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

ワラントを満期日まで保有する場合の投資目的は、いかにして満期日に最大の利益をあげられるポジションを構築するか、ということにあります。

ワラント戦略は、コールの買い、コールの売り、プットの買い、プットの売りの4つからなっています。このパターンを組み合わせることで、いろいろな戦略パターンが編み出されています。

ストラドルとは、ワラントの相場変動の大きさを狙ってトレーディングを行なう代表的な方法で、基礎商品の価格変動性に着目した投資戦略のことをいいます。

ワラントを同一の行使価格で、同一満期のコール・オプションとプット・オプションを同じ量だけ購入する取引のことをいいます。

これはロング・ストラドルと呼ばれます。
この場合、相場が大きく動き、損益分岐点を越えたら、超えた分だけ利益になります。

逆にコールとプットを同じだけ売却するケースはショート・ストラドルと呼ばれます。
この場合、ロング・ストラドルのときと反対で、損益分岐点を越えると、超えた分だけ損失となります。

ワラント取引の場合、ストラドル攻略を使う場合には、相場の状況判断が重要となってきます。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ewarranta at 06:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!